採用のポイントは?田舎の学校を中退していてもOK?

田舎の学校を中退している人は、新卒採用が利用できないので、正社員になるためのハードルは高いです。一般的に、新卒採用のチャンスを逃すと、正社員になるためのハードルは大きく上がってしまうと言われています。新卒採用を利用するということが最も楽な正社員への道であり、それを逃したら並々ならぬ努力をしなければ正社員にはなれないということです。

たしかに、大企業では総合職の正社員は新卒採用に限っているということも少なくありません。しかし、中小企業では、中途採用でも正社員を雇っているところはたくさんあります。若い人なら、特にスキルがなくても、やる気と熱意があるなら、十分に可能性はあります。

日本の企業の99%は中小企業が占めます。大企業への就職にこだわらないのなら、正社員になれる可能性はまだまだあります。30代を過ぎるとハードルが上がってくるので、なるべく若いうちに正社員になっておくことが重要になります。また、転職で重要になるのは、実践的なスキルを身につけているということです。スキルを身につけることは、アルバイトでもできますが、やはり正社員のほうが責任ある仕事をまかされやすく、スキルを身につけるチャンスに恵まれています。

結論として、田舎の学校を中退している人でも、その時点でチャンスが失われるというわけでもありません。たしかに、大卒の人のほうがチャンスを与えられやすいですが、人生ではだれでも何度かチャンスはめぐってくるものです。諦めずに、自分を磨いておきましょう。面接では学歴よりもそれまでの仕事の経験が聞かれます。どのような仕事でも、必ず得るものはあるはずなので、真摯な姿勢で仕事に取り組むようにしましょう。

ページトップへ