ビューティ業界からマスコミへの転職で採用を勝ち取る

異業種間の転職は、現在の職業によっては難しい事もあります。特に何の関連性も持たない業界への転職は、書類選考を通過するのさえ難しいでしょう。少ない可能性を大きく広げるには、自分が持つアピールポイントを最大限に活かす事が重要です。例えば、美容師やエステティシャンなどのビューティ関連の業界から、テレビやラジオなどのメディアに関わるマスコミ業界に転職するにはどうすればよいでしょうか。採用を勝ち取るには、あまり、関連性の無い2つの業界から、関連性を見いだす事が非常重要なポイントとなります。一見、どこも繋がっていないかのように思いますが、職種で見ていけば、美容関係の職種は、マスコミ業界にもあります。それは、メイクを担当する方がビューティ系の職種に繋がっている為、大きくアピール出来るポイントの1つではないでしょうか。しかし、業界を変えたいという事は、職種も変えたいという方もいると思います。その場合は、やはり可能性は大きく下がってしまいます。そのような場合でも、ビューティが関連している職種を探す事がベターです。例えば、美容系の雑誌編集や美容系の番組作成専門の制作会社などに的を絞る事です。こうする事で、前職での経験を活かせる事があるという事を志望企業側へ伝える事が出来ます。全くの未経験で志望企業に自分を売り込むよりも、何かしらの経験を持った人材である事をアピールする方が、格段に効果的です。このように関連性の内容に見える業界間でも、どこかで小さく繋がっている場合があります。その小さなつながりを最大限に活かせるようにする事が、異業種間転職で採用される重要なポイントになります。小さなつながりを大きくアピールして採用に繋げましょう。

ページトップへ