採用されるのは実務経験よりも人柄が重要

一昔前まで、企業の人材の採用基準は学歴やこれまで経験した役職という肩書に偏っていました。
ところが不景気の煽りを受けて、即戦力が求められる時代になった今、頭だけの判断ではなく人柄重視で採用される傾向に向かいつつあります。
自分自身が客の立場になってみるとよく分かるのですが、何かしらのサービスを進められるとき、その商品の知識に深い理解があっても、プレゼンがヘタだったり暗かったりする人間と、多少知識にむらがあっても明るくハキハキと対応できる人間ではどちらのサービスの方が売れるでしょうか。
その結果は一目瞭然です。もちろん、一概には言えませんが、即戦力という意味では必ず人柄という点が大きく左右するのです。
また、人は見た目が9割という本がかつてベストセラーになったように、第一印象から付き合ってみることで大きく変わるということはビジネスにおいてはあまりありません。
信用や信頼というのはその人からにじみ出るもので、やはり人柄というのは大変重要と言えるのです。
ここで誤解してはならないのは、常に明るくて元気があれば人柄が良いとは限らないということです。
ビジネスの世界ではあらゆるシーンに出くわします。
神妙な場で明るい態度を取るのは当然認められません。
ケース・バイ・ケースを理解した態度を取れる人が、本当に人柄の良い人なのです。
また、何かの影響を受けたことが分かってしまう人というのも、人事のプロは簡単に見抜いてしまいます。
自分自身が持つ個性を殺してしまったうえでの人柄というのはどうしても途中で無理がでてしまいますし、仕事をする上で精神衛生上もよくありません。
悪いところは改善しながら、自分の特徴をメリットへと転換できる人は、その健全な考え方が人柄に表れて、採用率も上がっていくと言えるでしょう。

採用されたい熱意は企業への貢献度に換えて話す

転職や就職の際には、面接官にその熱意を表現する事が重要です。
志望動機として履歴書等に記入する事もできますが、採用されるためには、面接時にその熱意を伝える必要があります。
言葉でしっかりと伝える事で、その企業への貢献度を表現する事が可能です。
熱意やモチベーションは言葉で伝わりづらい点もありますが、より具体的に貢献度で表現すると良いでしょう。
例えば、具体的に過去のスキルを活かして、どの様に新たな企業で活かす事が出来るのか伝える事が重要です。
例えば、過去にどの様な方法で売り上げを上げてきたのか、そしてその経験を活かしてどの様に新たな企業の売り上げに貢献出来るのか伝えてみましょう。
過去のアクションを言葉で表現する事で、より具体性が増す事でしょう。
その他にも、人脈等も一つの貢献度です。
過去の人脈を活かして、どの様に活かす事が出来るかが重要です。
人脈はその人が持つスキルの一部です。
その人を採用する事で会社にもたらす事が出来るメリットを企業が理解した時に、企業はその人を採用したいと感じる事でしょう。
面接には人事担当者や直属の上司、そして企業のトップが面接官になる事があります。
面接官に応じて表現する事を変えるのも効果的でしょう。
その人にあったプレゼンテーションをする事で、より高い情熱を伝える事が出来るでしょう。
面接官に伝える際には、熱意も合わせて伝えるとより効果的なプレゼンテーションが出来るでしょう。
どの企業も熱意を感じるとその人に興味を持つ傾向にあります。
高い熱意と具体的な貢献度を表現する事で二つの視点から相手企業に好印象を持ってもらう事が出来るでしょう。
この様に面接には事前の準備が非常に大切ですので、伝えたい事を文章にして紙に書いておくのもよいでしょう。

採用を得られなくても絶対に諦めるな

失業して求職活動を行い、そののちに採用を勝ち取るのが目的です。
その結果にいたるまでには、履歴書などの書類を作成したり、面接をしてもらって相手にうまく長所をアピールしていい結果をだすための努力をします。
しかしこの努力がかならず報われるとは限らず、場合によっては長引くこともあり、何度も失敗するとメンタル的にもめげてしまうこともあります。
確かに求職活動が何年にも及ぶとメンタルだけでなく、経済的にこたえるのでなるべく早く採用されることはいいことですが、年齢や技能不足で採用に至らないこともあります。
それでも諦めずに求職活動を続けないとだめで、このまま一生無就業でいるわけにはいかないです。
簡単にあきらめることは最もよくないことで、仮に面接に失敗しても再度チャレンジして採用を勝ち取るように努力するべきです。
もし簡単に採用されることがいいことはいえるのかと言いますと、場合によっては自身にとっていいことばかりではないです。
というのもブラック企業はやみくもに採用しますが、ではその会社でずっと続けることができるのかというと現実的にはそうはならないです。
つまりすぐに結果がでるということが必ずしも自分にとっていいものでなく、むしろその結果にいたる過程まで努力して得たほうが自分の能力にあった採用を勝ち得たといえます。
それゆえに一回や二回の失敗でめげることなく、自分に合った仕事をみつけると意味においても諦めず、活動してくのがいいです。
その過程であまりにも職業スキルが低いと考えるのであれば、現在では公共サービスとして職業訓練も充実しているのでそこでスキルの底上げをしてまた求職活動に望めのぞめばいいと思われます。

ページトップへ